フィリップ・カサール

“Sensuel et sanguin”

DR La Dolce Volta (© Bernard Martinez)

同世代中、最もマルチな才能を持つ音楽家のひとりとして批評家・聴衆を魅了してやまないカサールは、パリ国立音楽院でドミニク・メルレとジュヌヴィエーヴ・ジョワ(作曲家デュティユーの夫人)に師事。1982年に同音楽院のピアノ科と室内楽科で1等賞を獲得した。ウィーン国立音楽大学でも2年間研鑽を積み、のちに伝説的ピアニストのニキータ・マガロフからも薫陶を受けている。1985年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールに入選。1988年にダブリン国際ピアノ・コンクールで第1位に輝いた。

以後、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、バーミンガム市交響楽団、BBCフィルハーモニック、フランス国立管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団、デンマーク放送交響楽団などヨーロッパの主要オーケストラより招かれ、サー・ネヴィル・マリナー、マレク・ヤノフスキ、シャルル・デュトワ、ヤン・パスカル・トルトゥリエ、アルミン・ジョルダン、ウラディーミル・フェドセーエフらの指揮で演奏。

1993年、1日(4回公演)でドビュッシーの全ピアノ作品を演奏するツィクルスを開始。ブザンソン国際音楽祭およびロンドンのウィグモア・ホールでの同ツィクルスの開催を経て、パリ、マルセイユ、リスボン、ダブリン、シンガポール、シドニー、東京、リエージュ、トゥールーズ、ヴァンクーヴァーでもこれを行い、いずれの地でも大成功を収めた。

室内楽にも造詣が深く、とりわけ声楽に情熱を傾けるカサールは、これまでクリスタ・ルートヴィヒ、ナタリー・デセイ、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、ステファニー・ドゥストラ、ウォルフガング・ホルツマイアー、ドナ・ブラウン、ミシェル・ポルタル、ダヴィド・グリマル、エベーヌ四重奏団、モディリアーニ四重奏団、俳優のフィリップ・トレトン、ロラン・ベルタン、ジュディット・マグル、ミシュリーヌ・ダックスらと共演。

著書に、シューベルトをめぐる随筆(ActesSud社)や、映画と音楽の関係に迫る対談「Deux temps trois mouvements(“息つく暇もなく〜2拍子3楽章”)」(Capricci社)がある。音楽祭「エスティヴァル・ド・ジェルブロワ」には創設者として1997年から2003年まで関わり、1999年から2008年まで「ブルジェ湖のロマンティックな夜」音楽祭の芸術監督を任された。2013年よりフォンドゥース音楽祭(シャラント=マリティーム県)のクラシック部門のプログラミングを担当。2005年よりフランス・ミュジーク・チャンネル(国営ラジオ・フランス)でプレゼンターとしても活躍し、放送回数が約400回にのぼる「Notes du Traducteur(“訳者による注釈〜音符とともに”)」は、フランスのSCAM(マルチメディア作家民間協会)より2007年の「ベスト・ラジオ番組」に選出された。

Création de site web Création de site internet