メナへム・プレスラー

DR La Dolce Volta (© Julien Mignot)

1923年12月16日、ドイツのマグデブルグに生まれる。ナチス政権を逃れるため1938年にドイ ツを離れ、イスラエルに移住。同地でエリアフ・リュディアコフならびにフェルッチョ・ブゾー ニの弟子レオ・ケステンベルグに師事し、主要な音楽教育を受けた。のちにアメリカで、同 じくブゾーニの弟子にあたるエドゥアルト(エドワード)・シュトイアーマンのもとでも研鑽を積 んだ。

音楽的教養とピアノ・室内楽に関する深い知識に裏付けられたプレスラーの音楽活動は、 ゆるぎない評価を獲得している。

1946年にサンフランシスコのドビュッシー国際コンクールで第1位に輝き、一躍、国際的な 脚光を浴びる。コンクール直後に、ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 と共演しアメリカ・デビューを果たした。1955年にボザール・トリオを結成し、バークシャー音 楽祭で演奏。以来53年のあいだ、ボザール・トリオは伝説的な三重奏団として、世界各地 でその名声を高めていった。

ドイツ、フランス、カナダ、アルゼンチン、ブラジルで演奏指導を行うほか、サンタンデー ル、ヴァン・クライバーン、エリーザベト王妃などの国際ピアノ・コンクールで審査員を務めて いる。

バーミントンのインディアナ大学より「特別教授」として迎えられたのち、現在、同大学名誉 教授。1998年、長年にわたる音楽活動を称えられ、「グラモフォン」誌「生涯功労賞」ならび にドイツ音楽批評家賞「名誉表彰」を受賞。2000年5月、アメリカ芸術科学アカデミーの会 員に選出された。生涯にわたる優れた音楽活動に対し、フランス政府より芸術文化勲章「コ マンドゥール」を、ドイツ政府より連邦功労勲章「功労十字章」を受章。2012年9月、ドイツ政 府より同国の市民権を授与されている。